悪質な整理屋

悪質な整理屋に注意。整理屋とは、多重債務者の債務を一本化、整理するという触れ込みであちこちに広告を張り巡らせています。たとえば「借り入れの一本化で借金を解決」だとか、「件数と金額の多い型、債務整理」などの広告は整理屋と考えてよいでしょう。

整理、一括、一本化、というのが彼らのキーワードです。多重債務者の多くは、複数の金融から借りているうちに金額や借り先、返済スケジュールなどがごちゃごちゃになり、金利が金利を生む状態に陥っています。

同じ額でもどこか一箇所からの低金利融資ならずっと楽なのに、どうにか整理したいと願っています。そこへこのような広告を見せられたら飛びつくのも当然でしょう。

悪質業者の手口

悪質業者は飛び込んできた客に対して、手数料やら入会金を要求します。更に、白紙委任状やら印鑑、印鑑証明なども求めてきます。本来こうした代理業務は弁護士以外には認められていないから、完全な違法行為ですが、整理屋は弁護士を装って返済軽減の交渉を行うのです。

しかし、彼らが実際に交渉に動いてくれることは滅多にありません。たいていは手数料だけ毎月振り込ませながら交渉など何もせず、結局苦しい中で工面した手数料はドブに捨てることになります。更に怖いのは、渡した委任状や印鑑を悪用されることです。

交渉のふりをするどころか、知らないうちに書類をでっちあげ、勝手に客の不動産などを売り払い、気がついた時にはとっくに逃げている。あるいは別の金融機関で勝手に新規の借金をつくられることもあります。無論、現金はすべて整理屋の懐に入り、客には新たな負債のみ残ります。

大口の架空債権をでっちあげたうえで、他に多数いる債権者たちに涙金をわたして追い払い、自分一人で債権を独占しようとするコワモテ型の整理屋もいます。いずれにせよ、委任状や印鑑などを他人にすぐ預けるようなことは絶対慎むべきです。