借りやすいローン

ローンの種類

一口にローンといっても様々な種類があります。以下の代表的なローンです。

  • 銀行ローン
  • 消費者ローン
  • キャッシングローン
  • レディースローン
  • 不動産担保ローン
  • 無利息ローン
  • 自動車ローン
  • 住宅ローン

消費者金融では一般的に個人の信用を担保にしたフリーローンが主な金融商品で、その中で一定期間利息のかからない無利息ローンや、女性向けのレディースローンなどがあります。

また、銀行が個人向けに融資をするカードローンが最近増加の傾向にあり、かつては法人向けの企業ローンが主体であったものが、個人向け金融商品が占める割合が増えています。

借りやすい金融会社とは

借りやすい金融会社といっても、どういった部分が借りやすいのか言葉の意味が曖昧ですし、借り手によっても借りやすく感じる人と感じない人もいるでしょう。つまり、借りやすいという表現は、「簡単に借りれる」「審査が甘い」「絶対借りれる」といった意味を、少し濁した意味合いで間違いないと思います。

そういった審査基準が緩い金融会社を探している人は、概ね複数の金融業者から借り入れをしている多重債務者で間違いないでしょう。多重債務に陥れば、ローン会社も融資には慎重にならざるを得なく、審査で落とされることが増えてきます。

多重債務者の多くが毎月の支払いに困窮し、支払いのために新規借り入れをして凌いでいる状態(自転車操業)であるからです。つまり、破産するのは時間の問題ということです。

しかも、2010年に施行された法改正(総量規制)によって、年収の三分の一以上の新規の借り入れが事実上閉ざされた格好になっており、殆どの多重債務者が、新規借り入れが不可能な状況になっているのです。

このような規制の善悪はさて置き、借りれなくなった人が非合法な金融業者(闇金)に走っている現状を垣間見るにつれ、総量規制が何ら解決策になっていないことを如実に現わしており、この問題はまだまだ解決に至っていないと感じられます。

大手ローン会社

銀行ローン

大手とは銀行系大資本のローン会社を指します。一昔前の銀行は個人向けのローンはあまり取り扱っていませんでしたが、現在では殆どの金融機関が独自のブランドであるカードローンを出しています。

大手ローン会社の特徴として、低金利で借りやすいことと、銀行やコンビニのatmが利用できることが最大のメリットと言えるでしょう。ただし、誰でも借りれるというわけではなく、審査が厳しいので多重債務者などは借り入れ不可能と考えたほうがいいでしょう。


レディースローン

女性ローン

昭和の時代には女性がサラリーマン金融を利用することは、ほぼ皆無に等しかったのが現実です。しかし、消費者金融がCMなどで宣伝されるようになって、過去のサラ金のイメージが払拭され、女性でも手軽に借りれるようになったことから、女性の利用客は年々増えていきました。

こういった状況でローン会社側も女性客を囲い込むために、女性でも借りやすいレディースローンを取り扱うようになったのです。レディースローンは女性スタッフが懇切丁寧に対応してくれますので、専業主婦でも簡単に申し込むことが可能です。