最終更新日 2016/9/15

大手消費者金融ランキング

銀行系金融会社

【借り入れ件数3件以内】大手銀行系消費者金融、低金利融資が特徴です。審査が厳く、総量規制の多重債務者の方は審査に通りません。

大手消費者金融

中小中堅金融会社ランキング

初心者向けキャッシング

【借り入れ件数4件前後】中小の人気の高い消費者金融です。審査は大手ほど厳しくないので、借りやすくなっているのが特徴。

中小消費者金融

女性専門レディースランキング

女性ローン

女性専門の消費者金融です。女性オペレーターが常駐していますので、安心してお申込みいただけます。主婦やパートでも融資可能。

レディースローン

一番借りやすいキャッシング会社

審査が甘い消費者金融

多重債務者対象者専門の消費者金融です。審査が甘いので特徴ですが、金利は高めに設定されています。最後の手段にどうぞ。

消費者金融甘い

ゼロ金利政策について

0

史上最大の借金バブルの後始末をするためには、金利をかなりの規模で下げざるを得ないでしょう。FRBがFF金利を下げれば短期金利も下がります。預金や短期市場から低い金利で資金調達し、それよりも金利の高い長期で貸し付ける銀行にとって、長短金利差は利益の源です。これは中央銀行から銀行への支援金、つまり利益供与なのです。しかも、この支援は財政負担を必要としません。これでは、金利も過去にないほど下がるかもしれません。

そうなればコストゼロで借金ができます。

そこで金を借りてビジネスを拡張しようという動きが発生し、初めて景気は救われるのかもしれません。だだし、副作用もあります。ゼロ金利は、金利の低い国の通貨を売って、金利の高い国の通貨へ投資することで金利差分だけ利益が転がり込んでくる「ドル・キャリー取引」を誘発する効果があります。日本のゼロ金利政策でも、低金利の円を売って高金利のオーストラリア・ドルに投資する「円キャリー・トレード」が流行していました。